アイコン アイコン

いただきもの

カテゴリ:いろいろ

先月紹介した『アパトサウルス-かみなり竜のくらし』の著作者の小田さんから、原画のスキャンデータを頂きました。早速PCの壁紙にしました。

1184204018_1184204232.jpg
※画質は落としてあります

「みかんグー(*)と少年」は別の絵になってたので、あとで本と見比べながら縮尺を合わせようと思います。

やー、カッコいいっちゅうか、きれいっちゅうか。頭骨から始まって、流れるように、少しづつ形を変えながら尾の先端まで続くデザインは、「まぁID論に同調したがる人の気持ちもわからんでもない」てところですね。しかし、これが自然の、つまり、無限ともいえる偶然の結果出来上がったというところが、おおいに面白いわけです。人間には計り知れないからこそ神なのであって、ID論なんちゅうものは、神を「計り知ろう」とすることなわけで、欲求と行動が矛盾しとるがな!・・・って、話がそれました。

この形が、多くの人が求める美の完成形の一つのようでいて、しかし実は、天女の羽衣のひと撫でに過ぎないというのが、教訓的です。前に読んだ本に、染み抜きの職人言葉で「私たちの仕事は、仕事の跡が残っちゃいけないんですよ」と言うのがありました。もし神がいるのだとしたら、彼の仕事の痕跡は人間には見つけられないのだろう、すなわち科学の範囲外にあるということか、などと思いいつつ、話がどんどんそれるので、このへんで。

*)「みかんグー」てのは、みかん色のルノー・カングーのことです。

アイコン