アイコン アイコン

お山へ。そしてヘルメットとシューズ

カテゴリ:バイク

前回は途中で振動でミラーが折れてしまって引き返したので、これがXL1200での初大山です。

メインのマシンをXl1200にしてからこればっかり乗ってますが、予想外のつきあい方です。

ブロスに乗ってた頃はセローをふだんの脚にしてましたけど、XL1200が意外に気軽に乗れるマシンであって、イメージや名前や見た目に反してえらく肩の力が抜けたマシンだったんだとわかりました。もちろん、そういう方向に仕立ててもらったてのもありますが。


蒜山は暑かった。連休だったので人もたくさん

市内のちょっとした買い物にもこれで出かけるようになって、まったくセローに乗ってません。セローはガソリンタンク満タンにしに近所のGSに行ったぐらい。近々行く先を考えなくてはいけないかも。

今まで乗った国産バイクと違って、交差点でフロントが切れ込まないところが気楽に乗れる大きな要因だと思います。

国産のマシンはフォークも立ってるので高速カーブではよく曲がるんですが、街乗りでは交差点で前が切れ込まないように気を使うので、ストレスを感じます。適当な速度に乗ったままアクセルでバランスさせてスムーズに走れる場面は、街ではほとんどないですからね。自ずと1速半クラッチでパーシャルを保って前走車について行くことが多くなってしまって。


連休明けの博労座は人が少なく、走ってるとやや寒かった

それがこのマシンだと、ニーグリップ出来ないにもかかわらず、止まりそうな速度でとろとろと走っても安定していて不安がありません。街乗りでストレスなく乗り回せて、山ではいいペースで走れて、なかなか使い勝手のいいマシンになりました。こんな実用的なマシンにするつもりではなかったんですが。

そういえば、マシンに合わせてヘルメットとシューズも買いました。米子は周辺にバイク用品のお店がないので、アマゾンで購入しました。

ヘルメットはオージーケーカブトのIBUKI。初めて聞く名前で、アライかショウエイしか使ったことないので不安でしたが、かなり良い作りでした。

あご紐がダブルDリングではなく、ラチェット式のバックルなので、グローブをつけたままヘルメットの脱着が出来るのが便利です。

ベンチレーションのダクトもちゃんと頭の中が冷えます。今まで効果を感じるヘルメットを使ったことがなかったので軽い驚きでした。

チンガードが上がるので、飲み物飲んだり人と話すのに脱がないでいいのもいいですね。以前ヤマハのヘルメットで同じタイプのを使ってたんですが、生産終了になってしまって残念でした。

あと、インナーサンシェードが意外に便利でした。サングラスあるしあまり使いそうじゃないなと思ったんですが、走りながら上げ下げできるのはやはり便利でした。

二重構造の曇り防止シールドも効果的で、これが今時のヘルメットかぁと、感慨深いです(笑)

シューズは、ガエルネのライディングスニーカー。ヘルメットと同じくフィッティングしないで買うのは不安だったんですが、問題はありませんでした。

街の靴店で売ってるようなスタンダードで落ち着いたデザインですが、バイク用としてしっかりした、履いてホールド感も十分な作りでした。

オイルレザー風の独特の質感のある表革ですが、くるぶし部分が高温になるXl1200のプライマリーカバーに触れても痛むようなことはないので、革もしっかりしているようです。

サイドのジッパーは、結局は紐を解かないと脱ぎ履き出来ないし、ジッパーを締めたままで脱ぎ履き出来てしまうので、謳い文句の履きやすさとはあまり関係ないような気がします。デザイン上のワンポイントですかね。

靴底はフラットなので、ステップに引っかかることもなく、スポーツバイクにも良さそうです。

アイコン

宍道湖までお散歩

カテゴリ:バイク

そろそろ厚手の上着で走るには暑くなってきましたね。

走行距離はまだ500kmほど。

ブレーキは変えようかなと思ってたんですが、乗ってみるとノーマルでもけっこういいので、このままにします。

スイッチ類がおおぶりなのが気になりますが、国産バイクのスイッチに交換すると配線を全部やり直しになるので、このままで。

横から見ると大きくて重そうですが、上から見るとこんなにスリムなんです。重いことは重いですが。

速度計と回転計はマウントを作ってもらって取り付けています。真ん中の黒いボタンでTripA>TripB>ODO>TripAの表示切り替えです。メインスイッチを入れると針が最大まで振れてからゼロを指します。メーター内の照明は白です。

フロントフォークはノーマルのままで、減衰圧調節機構付き。

実はミラーはすでに2代目です。最初のは走行中に振動で折れてしまいました(笑) 最初は黒だったんですが、全体に色気にかけるので、クロムメッキのものにしてみました。ステーがそのままでは短いので、ステンレス棒で2センチ延長してもらいました。

ついでにキーホルダー。キーシリンダーが前シリンダヘッドの直前にあるので、長いものや重いものは使えないので、軽くて熱くならないものがないかなとジャンクボックスをあさって見つけたのがこれでした。

マイユの種入りマスタードの瓶です。なにでもらったのか覚えてませんが、携帯電話のチャームなのかな?見てるとおなかすきますね。

アイコン

コネクタつけました

カテゴリ:バイク

今日はお休みです。

ですが、雨降ってバイク乗れないので、ロードスターの冬タイヤを交換しました。

さいきん足車にはプリウスを使ってるので、急いで交換する必要もなかったので今ごろになってしまいました。

そして、スポーツスターのバッテリに充電用のコネクタをつける作業もしました。


ブロスにつけてたやつをそのまま流用

バッテリを固定しているベルトのナットがインチ規格だったので工具が合わず、モンキーレンチで作業しましたが、やりにくかったです。11mmのディープソケットを探さないといけません。

多分ホームセンターにはないと思うから、通販かな。

アイコン

XL1200カスタム〜5

カテゴリ:バイク

カフェレーサースタイルにしてもらったXL1200、昨日納車されました。

試乗と完熟を兼ねて早速市内を一回り。

さすがに1200ccのV2。1気筒あたり前に乗ってたブロス1台分の排気量。それが2つ。トルクが太いので、クラッチ当てただけでぐいっと前に出ます。

トップブリッジ直上のセパレートハンドルにノーマルステップなので、ディガースタイルとまでは行かずともかなり前傾で、ちょっと怖い。でも交差点2つ3つ曲がったらすぐ慣れました。

ハンドリングは非常にナチュラルで、国産スポーツのように切れこむ感じもなく、ブレーキングから惰性で入ってアクセルで曲げて出て行く感じで走れば、実に安定してます。
ただ、ローダウンしてスプリングが硬めになってるので、アスファルトの継ぎ目越えでの突き上げは結構あります。

ベース車両が2人乗りだったので、サブフレームをカットせずにそのまま登録して吸盤式のセカンドシートを付けてもらったんですが、後ろに乗るのはキツイかも。
エイリアンや怪獣に襲われて逃げなくちゃいけないとかどうしても必要なときにもう一人乗れないこともない、ぐらいの感じです。

ラバーマウントのエボリューションエンジンなので、エンジンかけたまま停めといたら振動でバイクの向きが変わってた、なんてショベルヘッドみたいなことはないですが、信号停止してると国産車ではありえない振動があります。
iPhoneのホルダ付けて地図表示しよう、なんて思ってましたけど、振動でiPhone壊れそう。ていうか絶対地図見えない。

確定申告の作業があるので残念ながらお遊びは1時間ほどでおしまい。
次回は松江まで走って試そうと思います。

アイコン

XL1200カスタム〜4

カテゴリ:バイク

排気管の長さを決めたいとの連絡をいただき、ビルダーさんに顔出してきました。

燃料タンクの塗装が上がって、ほぼ形になりました。

XL1200

「もう火が入るよ」とのことで、スターターボタンを押してみました。

排気管カット前なのでまだサイレンサーが入っておらず、スロットルを煽ってみると爆音を発し、1200ccらしい強大なトルクを感じさせます。

もうちょっと体鍛えないと押さえ込めないかも…(笑)

燃料タンクのカラーリングは、当初の予定ではクラシックな青みがかったグレーのつもりだったんですが、発注した色番号が旧色の番号だったらしく、青に近い色になってしまいました。

ところがこれが、かえって目指していたカジュアルで軽快なカフェレーサーの印象が明確になり、これはいいねとさらにセンターに白いライン、サイドに手描きのロゴを入れてもらって、いかにもガレージビルドっぽい感じに。

こういうイレギュラーもカスタムの楽しいところ。

XL1200

排気管の長さは、おさまりのいい長さが見えなかったので、わからない時は何かに合わせるのが一番いいので、前はブレーキマスター直後、後ろはアクスルシャフトの位置で切ってもらうことにしました。

リアフェンダーを黒にしたのが地味かなと思ってたんですが、上がってみると、シンプルで収まりのいいバランスになりました。

そろそろ新しいヘルメットやシューズも買っとかないと。

アイコン